支社のドアをノックする音に「どーぞー」と声を掛けると、年配の女性が3人。「ここに行ってみればと言われて…」。寒風の中、歩いてきたそうで、招き入れると堰(せき)を切ったように話が始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加