政府が通信傍受の対象犯罪を12月1日から拡大する政令を閣議決定した。通信傍受の拡大に伴い共謀罪法案提出も現実味を帯びる。拡大の先に見える「監視社会」にどう歯止めをかけるのか、議論が欠かせない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加