ノーベル賞のような権威ある賞を、今後も日本人がどんどん取る可能性がある-。2002年のノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが、当時そう語っていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加