衆院の解散風がにわかに吹き出し、佐賀県関係の衆院議員の地元事務所でも緊張感が高まっている。永田町では与党内で年内や「1月解散」説が飛び交い、野党も「いつ何があってもおかしくない」と構える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加