名物の竹崎カニ(ガザミ)で知られる太良町大浦のたら竹崎かに旅館組合(久保繁幸組合長)のカニ供養祭が7日、同町大浦竹崎であった。組合員ら約20人がこの1年間のカニの霊を鎮め、豊漁を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加