流通量が少なく、“幻の黒イチジク”とも言われる「ビオレ・ソリエス」の収穫が唐津市浜玉町平原地区で最盛期を迎えている。黒く熟れたイチジクが丁寧に収穫され、関東や関西の市場に向けて出荷されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加