心地よいピアノ演奏が流れる中、ヨガを教わる人たち=佐賀市のアバンセ

 16日にどん3の森で開かれた「ばぶばぶフェスタ」では、妊婦や親子で参加できるヨガ教室がアバンセで開かれた。インストラクターの重松寛道さん(38)=佐賀市=がヨガの基本動作を教え、参加者はリラックスした空間でゆったりとした時間を過ごした。

 NPO法人「ポコ・ア・ボッコ」が協力して教室を開いた。教室には家族連れや妊婦ら約20人が参加した。ピアノの生演奏が流れる部屋であおむけになり、重松さんが「鼻から息を吸って口から吐いてください。手のひらを上に向けるとリラックスできます」と話しかけ、参加者の緊張を解きながらゆっくりと体を動かした。

 生後6カ月の穂美(いずみ)ちゃんと参加した母親の吉田美里さん(32)=同市=は「子どもがいるとなかなか運動するのが難しい。ピアノを聞きながらヨガができて、とてもリフレッシュできました」と話した。

※は寛の目の右下に「、」

=ばぶばぶフェスタ=

このエントリーをはてなブックマークに追加