佐賀市兵庫町の佐賀県消防学校(鮎川慎吾校長)で9日、消防職員初任科の卒業式があった。基礎知識と実技を半年間学んだ59期生35人が、現場に出る気持ちを新たにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加