唐津を舞台にした映画が実現に向けて動き出した。若者の純粋で屈折した心情を描いた檀一雄原作の「花筐(はなかたみ)」を“青春叙情派の巨匠”大林宣彦監督が映画化する。ファンならずとも心躍る話題だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加