佐賀市は「体育の日」に合わせて10日、同市本庄の市立体育館で市民を対象に体力テストを行った。午前の部には約40人が参加し、目標記録に向けて懸命に体を動かした。=写真

 上体起こしや長座体前屈、握力のほか年齢別に定めた3種目の記録で自身の体力年齢を知ってもらい、運動の重要性を認識してもらおうと開いた。

 参加者はペアを組んで計測したり、「頑張れ」と声を掛け合ったりして交流を深めながら、和やかな雰囲気でテストを進めた。得点が高いほど体力年齢が若いと判定されるスポーツ庁が定めた要項を基に、記録に応じた配点を合計した。

 普段からジョギングをしているという参加者の吉村慎祐さん(43)は「体力はある方だと思っていたけれど、(種目の)平均得点と比べると体力のなさを実感した」と苦笑いした。

このエントリーをはてなブックマークに追加