多久聖廟の伝統行事「釈菜」を前に10日、聖廟周辺の清掃美化活動があった。横尾俊彦多久市長をはじめ小学生から97歳のお年寄りまで約260人が参加して、境内の草刈りや公園内にある孔子像を磨き上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加