外国人居住者や旅行者の増加に伴い、必要性が高まっている「医療通訳サポーター」の養成講座が10日、佐賀市の県国際交流プラザで始まった。全10回で、初回は公開講座を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加