鳥栖市の若葉小(成富健次校長)で2月27日、自分たちで育てた大豆を用いた納豆の販売会があった。3年生66人が元気な声で客を呼び込み、用意した620パックが30分で完売した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加