29-32の後半ロスタイム、反則をもらった日本がスクラムを選択すると、総立ちの観客が騒然となった。フランカーのリーチ主将は「FWは勝ちにいく気持ちだった」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加