大隈重信

 エフエム佐賀は2018年の明治維新150年を記念して、幕末・維新期に佐賀藩の果たした役割や、佐賀県が輩出した偉人を紹介する「明治維新150年~その時、佐賀は世界を見ていた」を放送中。11月16日までの毎週水曜18時15分から。出演は嶋田和孝、富田紘次(鍋島報效会)。

 6回目の19日は、明治新政府で外国事務局判事・大蔵卿などを歴任した大隈重信(1838~1922)。東京専門学校(現早稲田大学)の創立、日本初の政党内閣組閣などの大きな功績をあげた。

このエントリーをはてなブックマークに追加