がんにかかった後、治療を受けながら働いている人が増えている。医療の進歩で、がん診断後の「5年生存率」は確実に改善傾向にある一方、がんにかかって職場を退職したり解雇されたりする厳しい現実がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加