化学兵器を積んだ小型機が墜落して、菌が世界中に広がり、南極にいた数人の観測隊を残して人類が死滅する-。学生時代に初めて読んだ小松左京の小説『復活の日』は、何度も読み返す愛読書の一つだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加