佐賀など17都府県で偽造カードを用いて18億円以上が不正に引き出された事件で、窃盗などの罪に問われた指定暴力団道仁会系組員實(さね)元気被告(35)=福岡市西区富士見=の初公判が17日、佐賀地裁(吉…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加