武雄支社には2度目の赴任だった。最初の勤務は1983年から4年間だったが、その後、歳月が流れる中で、悔やむ気持ちが強くなっていったものがある。炭鉱の歴史をもっと書いておくべきだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加