小城市は17日、震災などで生じる災害廃棄物を迅速に処理するため、県産業廃棄物協会(篠原隆博会長)と協定を交わした。江里口秀次市長は「大規模災害による廃棄物の量は、一自治体だけは対応できない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加