嬉野市の吉田小の5年生14人が17日、嬉野町の交流施設「ほほえみの里椎(しい)の木」で地域の女性から裁縫を習った。 子どもたちと地域の交流や郷土愛育成につなげようと同校が企画。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加