復元工事が進められている旧大島邸の現場見学会が15日、移築先の唐津市南城内で開かれた。事業者が進ちょく状況や木組みの工法を説明し、解体後に保管していた木材を建物全体の半分に再利用する方針を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加