佐賀城の南に位置する堀の多い水田地帯で、文化14(1817)年の郷村帖(ちょう)によると、末次西分村として満穴、古賀が記され、独立して満穴と称される場合と末次西分村に属していた場合があったようです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加