澄みわたる空の少ない秋が足早に通り過ぎていきそうだ。虫の音と風に身を任せた心地良い孤独や寂ばくの時が愛(いと)おしい。 雨の続く三瀬だからと言ってじっとはしていられない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加