佐賀玉屋1階にオープンした「私の部屋」。九州では唯一の店舗で、約1800点の雑貨をそろえている=佐賀市の同店

 佐賀市の佐賀玉屋に、生活雑貨店「私の部屋」(本店・東京)がオープンした。リビングからキッチン、寝室用まで、多様化する生活スタイルに合わせた約1800点を販売。九州では唯一の店舗で、雑貨市場の拡大を見据えて3世代の来店を見込んでいる。

 本館1階東の中央大通りに面し、店舗面積は86平方メートル。ガラス張りで開放感のある売り場には、さまざまな香りが楽しめるフレグランスや、全国各地の窯元から集めた食器のほか、ギフト向けのベビー用品が並ぶ。メーカーと共同企画した独自品もそろう。

 中心価格帯は1000円~3000円台。値頃感のある商品構成で、佐賀玉屋でメーン客層の40~50代の需要に応えるとともに、子育て世代の取り込みも狙う。

 衣料品の販売不振を背景に、業界では天候に左右されにくい雑貨を強化する動きが広がっている。佐賀玉屋も雑貨店の出店に合わせて、試し履きなどで来店頻度の高い本館1階の婦人靴売り場を拡充。従来よりも品数を2割増やした。

 改装に伴い、婦人ハンドバッグ売り場は本館2階に移った。佐賀玉屋は「幅広い世代と暮らしに対応した店づくりを心掛けていく」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加