九州各県の水道事業者による合同防災訓練が14日、佐賀市の開成小など3つの小学校であった。県内初めての開催で、災害などによる大規模な断水時、非常用飲料水袋を使った給水・運搬活動に児童たちが挑戦した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加