「一発勝負だからね。そういう怖さはあった」。1979(昭和54)年1月13日。初めて実施された国公立大の共通一次試験に全国32万7800人の受験生が挑んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加