宿題をするとき、翌日の教科書をランドセルに詰めるとき、机に飾った色紙を見ると力が湧いた。小学3年生だった31年前、プロ野球西武の選手だった辻発彦二塁手から、生まれて初めての直筆サインをもらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加