佐賀県は本年度策定する第3期県環境基本計画の策定方針をまとめた。有明海の二つの干潟がラムサール条約湿地に登録されたことなどを受け、豊かな自然、文化を「次代につなげる」視点を重視する姿勢を打ち出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加