鹿島署と嬉野地区交通安全協会(小原健史会長)は16日、温泉旅館の宿泊客が散策する時に履くげたやせったに貼ってもらおうと、嬉野温泉旅館組合(池田榮一会長)に反射シール500枚を寄贈した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加