身近な所でいじめが起きていることを知ったとき、どう行動すべきかを考える人権教室が13日、鳥栖市の鳥栖西中(伊東栄次校長)で開かれた。1年生217人が、先生や親に勇気を持って知らせる大切さを心に刻んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加