佐賀市清掃工場がごみ焼却で排出する二酸化炭素(CO2)を使い、藻類の培養を目指すアルビータ(佐賀市、松坂幸洋社長)の実験施設が稼働した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加