神埼市千代田町高志地区の高志神社で12日、秋の例大祭が開かれた。神事の後、県重要無形民俗文化財の高志狂言が奉納された。地元住民でつくる保存会と千代田中部小の児童が、二つの演目を堂々と演じ上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加