「豊漁・豊作の神様」として住民に親しまれている海童神社(佐賀市川副町)の例祭が17日、神社周辺で開かれた。天衝(てんつき)や法被をまとった子どもや大人たちが地域を巡りながら、伝統の浮立を奉納した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加