<身にそへておかれし吾子(わこ)に見入りつつ涙とまらずなりにけるかな>。歌人、五島美代子に出産の喜びを詠んだ一首がある。成長するわが子への愛情を歌にし「母の歌人」と呼ばれた人だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加