唐津をイメージして描かれた戦前の小説「花筐(かたみ)」の映画化に向け、映画監督の大林宣彦さん(77)が25日、ロケ地視察のために唐津市を訪れた。大林監督は「映画を一本撮ると生涯の付き合いになる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加