山形市で開かれた第69回新聞大会=18日午後

 日本新聞協会が主催する第69回新聞大会が18日、山形市で開かれ、新聞、通信、放送各社の代表者約500人が参加した。地元・山形新聞社の寒河江浩二社長が「公平公正な社会を築くジャーナリズムの原点に返り、質の高い新聞を読者に届けよう」とあいさつ。座談会などを通しメディアが抱える諸課題を考えた。

 座談会では北海道新聞社の村田正敏会長が「富山市議会の政務活動費問題に各メディアは正面から向き合った。熊本地震ではネットに悪質なデマが拡散したが、地元紙が否定した」として、新聞の使命について語った。

 2016年度の新聞協会賞の授賞式も実施。編集部門は、日本放送協会(NHK)「天皇陛下『生前退位』の意向」のスクープ▽毎日新聞西部本社「連続震度7『奇跡の救出』など熊本地震の写真報道」▽フジテレビジョン「鬼怒川決壊『濁流に呑(の)み込まれる家族』のスクープ映像」▽岩手日報社「命の軌跡~東日本大震災5年 一連の報道~」の4件が受賞した。経営・業務部門は、中国新聞社の「中国新聞SELECTの創刊-新たな活字メディア戦略に挑む-」が選ばれた。

 大会では「現場に密着した取材と多面的な報道により、民主主義の発展に貢献し、社会の公共財としての責任を果たす」とする決議を採択した。

このエントリーをはてなブックマークに追加