農作業などに使う竹製品が並ぶ伝統の市「ソウケ市」が27日午後から、大町町本町の旧長崎街道で開かれる。29日正午まで。 ソウケ市は300年ほど前、海産物商人が開いたかつお節の市が始まりとされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加