唐津市鎮西町串地区の一部住民が使用済み核燃料の一時的な貯蔵施設を事実上誘致する要望書を市に提出したことについて、唐津市は21日、県に説明する。

 唐津市の原子力防災を担当する危機管理防災課長(総務部副部長)が県庁を訪れ、新エネルギー産業課長に口頭で報告する予定。

 要望書の提出について、副島良彦副知事は報道陣に「一義的には唐津市の受け止めが重要」とした上で、「どういう経緯で、どのような人が、どんな背景のもとに要望されたのかなどを聞きたいと思っている。整理していただければ」と述べていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加