日本で初めて、サイホンの原理を利用してつくられたとされる伊万里市松浦町の水利施設「馬の頭(うまんかしら)」。構築されたのは慶長16(1611)年で、今から400年以上も前。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加