■観光客周遊へ産地連携 北部九州に焼き物文化が広がるきっかけになった地がにぎわいを見せていた。 豊臣秀吉が「文禄・慶長の役」で拠点にした肥前名護屋城跡(唐津市鎮西町)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加