■学究心と好奇心と 唐津を愛し続けた85年 一昨年秋、唐津検定の事前研修で相知・熊野神社を訪ねた時のこと。社殿の横に羽熊(はぐま)と呼ばれる毛槍(やり)が立てかけられていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加