一般採用枠に290人が受験した県警察官B採用試験=佐賀市の佐賀商業高校

 高卒者らを対象にした佐賀県警の警察官B採用試験が16日、佐賀市の佐賀商業高校であった。一般採用枠は27人程度の募集に対して、10倍を超す290人が受験した。

 同試験は本年度から多様な人材を確保するため、身長や体重などの身体基準と体力試験の「握力」を廃止。日商簿記(3級以上)や実用英語技能検定(準2級以上)を持つ受験者への加点制度を設けた。

 男性警察官は22人の募集に対して232人、女性警察官は5人の募集に58人が受験した。競争倍率は男性が10・5倍、女性は11・6倍。受験者は政治や歴史、数学などの五肢択一式の教養試験と、立ち幅跳びや上体起こしの体力試験などに臨んだ。

 1次試験の合格者は27日に発表。11月中旬から下旬までに論文や面接の2次試験を実施し、最終合格者は12月中旬に発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加