30代で2度の子宮がんを患ったタレントの原千晶さんが26日、佐賀市で開かれたがん制圧イベントで講演し、「医師の指導に従わず、進行がんになった自分は悪い例。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加