逢阪本部長から目録を受け取る佐藤理事長(右)=佐賀市の県警本部

 民間の被害者支援団体に財政的な支援をしようと佐賀県警は13日、警察官ら有志から寄せられた賛助金73万6483円を「被害者支援ネットワーク佐賀VOISS(ボイス)」に贈った。

 逢阪貴士本部長から佐賀ボイスの佐藤武理事長(59)に目録が贈られた。佐藤理事長は「広報や支援活動に役立て、犯罪被害者の心のケアに努めたい」と話した。

 今年で16年目を迎える佐賀ボイスは、臨床心理士などの資格を持つ相談員6人と支援員10人で構成し、犯罪被害者やその家族を対象に支援を行っている。電話相談や裁判への付き添いなど幅広く活動している。相談は平日午前10時から午後5時まで、電話0952(33)2110で受け付けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加