国土交通省が発表した7月1日現在の都道府県地価(基準地価)によると、三大都市圏の商業地は3年連続、住宅地は2年連続でそれぞれ上昇した。福岡や広島、仙台、札幌の地方中枢都市も同様だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加