結婚を機に有田に来て約半世紀。7年前まで20年ほど観光案内所で働いていたが、当時から海外からのお客さんが多いのに驚いていた。今年は例年以上に増えているようだ。有田焼は世界的にも有名なのだと誇らしく思う。

 今は女性町おこしグループの一員として、JR有田駅前で町内窯元の作品を中心とした焼き物のアンテナショップを開いている。駅前の一等地なのに、空き店舗になっていた。それだけ人通りも少ないのかという思いもあるが、にぎわいづくりに一役買いたいとグループ全員が思っている。

 有田に住んで感じるのは、文化の薫りが高いということ。気軽に通える陶芸教室がもっと増えたら、すてきな町になる。(71歳、有田町中の原)

=わがまち未来形 有田編=

このエントリーをはてなブックマークに追加