東日本大震災で津波被害を受けた宮城県の中学教諭の講演を取材した。震災後、教諭は社会科の授業で、津波で命を落とさないための対策を生徒に問いかけた。高台に避難できるまちづくり、震災の記録保存…。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加