1998年までがん患者の部位別死因でトップだった胃がんは、かつて国民病ともいわれました。現在もがんの罹患率ではトップ(2011年)で、死亡数は肺がんに次いで第2位(2013年)です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加