日本原子力研究開発機構(原子力機構)は18日、茨城県大洗町にある材料試験炉(JMTR)や同県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)など原子力関連10施設を廃止する方針を明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加